支部長挨拶

 

 皆さんはじめまして。平成29年度リーガルサポートながの支部長に就任した髙野哲浩と申します。1期2年ですので、2期目となります。よろしくお願いします。さて、皆さんは成年後見という言葉を聞いたことがありますか。成年後見制度は平成12年に施行された高齢者や障碍者の権利擁護のためにできた制度です。われわれリーガルサポートは、成年後見制度の普及と成年後見人の養成、供給を目的として平成11年に設立されました。また2011年には公益社団法人となりました。平成26年度末で全国に7000名を超える会員がいて、リーガルサポートながののメンバーも長野県において110名ほどの会員がいます。この会員はすべて司法書士であり、司法書士の中でも成年後見制度について積極的に取り組む意欲のある会員ばかりです。さらに年に数回の研修会を開催して、皆一人一人の会員が研鑽を積んでいます。また家庭裁判所への報告の他にリーガルサポートへの報告も行い、適正な執務を心掛けています。
 国は、成年後見制度をもっと国民の皆様が利用しやすくするために成年後見制度利用促進法を制定して、県や市区町村に対して成年後見制度活用の中心となるいわゆる中核機関の設置を求めています。私達リーガルサポートも、この成年後見制度利用促進法推進のために全面的に協力していくつもりです。私たちは今後も、地域の皆様の成年後見制度に関する問題に対して真摯に取り組んでいます。また、市町村、包括支援センター、社会福祉協議会や成年後見センターなどの関連団体とも連携を密にしていきたいと考えています。少しでも皆様のお役に立てるように活動していきます。
どうぞこれからもリーガルサポートながのをよろしくお願いします。

平成29年7月
公益社団法人成年後見センター・リーガルサポートながの
支部長 髙 野 哲 浩