7.任意後見契約や遺言書を利用して将来に備えましょう

【case7】夫に先立たれ子供もいない。姪が面倒を看てくれると言っているので,キチンと形にしておきたいし,財産も残したい・・

 このような場合には「任意後見契約」という制度の利用をお勧めします。任意後見制度とは判断能力がしっかりしている時に,信頼できる方との間で「将来,判断能力が亡くなったときに財産管理等をしてほしい」という内容の契約をすることを指します。
 任意後見契約は,将来,自分の財産管理等をしてもらいたい方と一緒に公正証書でする必要があります。
 また実際に契約の効力が発生する場合には家庭裁判所で選ばれた監督人が任意後見人を監督しますので,契約に反して財産を勝手に使われたりすることを防ぐこともできます。
 さらに,お世話になった方に対しては遺言書を残すことにより,財産を渡すことができます。
 このように任意後見契約や遺言書作成などについて,司法書士はたくさんの事案に関わっておりますので,詳しくは,成年後見センター・リーガルサポートにお問い合わせください。
 長野県の司法書士が,成年後見制度を利用するために必要な手続のご案内や手続書類の作成など,貴方の大切な家族のお力になります。